債務整理で借金問題を解決【相談をする際にはしっかりと費用の確認】

個人でも減額交渉は可能

相談

借金返済で首が回らないので債務整理をしたいが、弁護士費用が高いのでどうしたらいいか分からない、そういった方は特定調停という債務整理があります。債権者と債務者との間に裁判所が介入し、減額と返済計画を立て直す手続きです。格安な費用で行うことができます。

詳しく見る

個人再生で手続き

法律書

個人再生で債務整理をすると減額効果は大きく、最大で借入金額の10分の1まで減らすことができます。弁護士に依頼すると50万円〜80万円の費用がかかります。司法書士の方が安いのですが、裁判所へは自分で出廷する必要があります。

詳しく見る

弁護士依頼する場合の相場

ジャッジガベル

債務整理は、任意整理、個人再生、自己破産の手続きがあり、それぞれ費用が異なります。専門家を入れずに手続きしたほうが安上がりなのですが、個人再生や自己破産となると手続きが煩雑で法律知識も必要、手間と時間がかかるので弁護士に依頼するのが一般的です。

詳しく見る

借金の悩みから解放

相談

債務整理を相談するなら、相談費用は無料のところを選びます。弁護士に依頼をすることで、督促は今すぐストップ、借金額は大幅ダウン、毎月の返済金額や返済回数も無理のない金額に抑えることができ、生活に余裕を持たせることができます。

詳しく見る

弁護士に借金相談

男女

弁護士に債務整理の相談をしたいが、ギャンブルやショッピングなどの費用に使っって膨らんだ借金でも債務整理をしてもらうことができるのか不安があります。借金理由が何であれば、弁護士事務所に相談をすれば債務整理を行うことができます。

詳しく見る

借金問題について

女性

弁護士への依頼

借金が膨らみ、返済できなくなったまたは返済が苦しくなり自転車操業になった場合には弁護士や司法書士などの士業に依頼をする事が必要です。弁護士等の士業に依頼をすると、相談に乗ってもらえその人にあった適切な解決策を提示してくれる点で人気となっています。特に借金問題は人には相談しにくい事もあるので、相談する事で精神的な負担が軽くなります。何よりも依頼をする事で、金融業者からの取り立てや請求も止まります。この点でも依頼するメリットは高いといえます。解決策としては一般的には3つあります。1つは債務を帳消しにする自己破産、2つ目は民事再生、そして3つ目は最も利用者が多い債務整理と呼ばれるものです。どの方法でも弁護士費用は発生しますが、弁護士によってかかる費用が異なりますので、相談をする際にはしっかりと費用の確認をする事が大切です。債務整理は利息の減免を業者と交渉をして実現をするもので、今までの借り入れが古くからあれば過払い金請求も合わせて行います。この過払い金請求と債務整理を同時に行う事で債務を現在の利息に引き直しをするので、債務は大幅に減少します。また返済期間も再度再設定をするので、3年から5年程度で無理のない範囲で返済をしていくのが債務整理の方法です。この方法は車や家のローンがあった場合でも手放す事なく利用できる点でもメリットがありますが、自ら業者と交渉をするのは難しい事から士業への依頼が必要です。なお業者との交渉にあたっては業者の数分だけで費用が発生してきますので、債務がある業者の中でどの業者を対象にするのか選択する必要があります。

Copyright© 2018 債務整理で借金問題を解決【相談をする際にはしっかりと費用の確認】 All Rights Reserved.